Q12 子どもの風邪で注意することは?

さっきまで元気に遊んでいたと思ったら、急にぐったりするなど、子どもの場合、急激な症状の変化が起こることもありますから、できるだけ目を離さないこと。子どもは大人より体の水分割合が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすくなります。熱が出たときはこまめに湯ざましやスポーツ飲料、お茶などで水分補給をしてあげましょう。
高熱が出たとき、ひきつけを起こすこともあります。ひきつけを起こしたら、あわてず、衣服をゆるめ、顔を横向きにして寝かせ、できるだけ早く病院で受診してください。