Q20 とくに注意が必要なケースは?

70歳を過ぎると、心臓病や糖尿病などの慢性疾患を持っている方が多くなります。これらの病気があると、さらに風邪のウイルスに感染しやすく、重症化しやすくなります。
たとえば、糖尿病があるとウイルスや細菌を殺す白血球の働きが弱まるため、風邪や肺炎などの感染症が起こりやすくなるのです。
風邪にかかったときも、脱水症状を起こして血糖値がますます高くなったり、低血糖を起こすなど、糖尿病を悪化させる可能性も高くなります。