Q22 病院での治療法は?

現れている症状に応じて薬を処方する「対症療法」を行います。おもな薬は次の通り。

●解熱鎮痛剤……発熱や頭痛、のどの痛み、筋肉痛、関節痛などをやわらげる。
●抗ヒスタミン剤……くしゃみや鼻水、鼻づまりを起こすヒスタミンの作用を抑える。
●消炎酵素薬……体の防御機能を高める酵素によって、傷ついた粘膜を修復させる。
●鎮咳薬……激しい咳を鎮める。
●去痰薬……痰をサラサラにして、気道粘膜から離れやすくし、痰が楽に出るようにする。
●総合感冒薬……解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、カフェインなどを配合。さまざまな症状に効果がある。