Q08 冬になると体がかゆくて眠れないのですが?

冬に起こるかゆみのほとんどが皮膚の乾燥によるものです。腎臓や肝臓、糖尿病、ストレスが原因でかゆみが生じることもあります。

皮膚が乾燥する代表的な病気が「乾皮症」で、10月下旬から3月下旬まで続き、加齢とともに乾燥化が進行するのが特徴です。皮膚が乾燥するために、普段は反応しない些細な刺激に反応してかゆみが生じます。
かゆみは乾燥した部分に保湿外用剤を塗ることで改善されます。放置するとさらに湿疹化し、「皮脂欠乏性湿疹」へ進行するケースがありますから注意してください。