Q01 二日酔いってどうして起こるの?

通常、体内に入ったアルコールは、胃腸で吸収されて肝臓に運ばれ、肝臓で「アセトアルデヒド」に変わり、酢酸に分解され、最終的に水と炭酸ガスになって排出されます。実はこのアセトアルデヒドが有害物質で、アセトアルデヒドを分解する能力以上にアルコールを飲むと、アセトアルデヒドが体内に異常に蓄積して、さまざまな不快な症状を起こします。
また、飲み過ぎるとアルコールは胃腸からそのまま血液中に入り、全身をめぐります。この濃度(血中アルコール濃度)が高いほど、「酔い」の症状が出るわけです。