Q02 関節の痛みはなぜ起こるの?

関節軟骨には神経が通っていないので、関節自体は直接痛みません。しかし関節の周囲にはたくさんの神経が通っていて、少しの異常でも敏感に痛みとして感じるのです。
関節が痛む場合、次のケースがあります。

■関節軟骨がすり減ったり消失し、骨どうしがこすれ合う。
■軟骨のすぐ下にある骨で異常が起こる。
■関節包(かんせつほう)が引っ張られる。
■滑膜(かつまく)が炎症を起こして腫れる。
■靭帯(じんたい)が引き伸ばされて切れる。

これらがいくつも重なって痛みを起こす場合が多くあります。