Q03 関節の痛みが起こる病気は?

関節は、ひじ、ひざ、手首、足首、指、肩、あご、腰(股関節)などにあり、各部位によってさまざまな病気が起こりますが、とくに気をつけたい病気をあげておきましょう。
ひざの関節は全身の体重を支えるため、障害を起こしやすく、変形性膝(しつ)関節症、慢性関節リウマチ、半月板(はんげつばん)損傷がひざの三大病といわれます。