Q13 運動療法は冷え症にいいの?

全身の気と血のめぐりをよくする運動療法は冷え症にとても効果的です。そのひとつが『ものぐさ体操』です。
まず横になり、全身の筋肉にぐっと力を入れて15秒くらい持続させ、次に全身の力を抜いて15秒くらいリラックスする、これを10回くらい繰り返します。寝たままできる楽な体操ですが、血行促進と自律神経を安定させる効果があります。
手の指、足の指を1本ずつもみほぐし、さらに指の間を押すのも、簡単な方法です。
手のひらを思いっきり開いた状態から、ギュッと握る動作を20回くらい繰り返す「グーパー体操」も一緒に行えば効果が高まります。