Q10 鉄剤を多く摂るとどんな副作用があるの?

鉄が胃腸の粘膜を刺激するため、鉄剤を服用する患者さんの約10パーセントに、吐き気やむかつき、下痢などの副作用が出るケースがあります。その場合、医師は次のような方法で対処します。

■ 本来、空腹時に飲む鉄剤を、胃の刺激を和らげるため食後の服用に変える。
■ 普通100~150ミリグラム処方される鉄剤の服用量を50ミリグラム程度に減らす。

改善されない場合は、静脈注射で鉄を補給することもあります。貧血を早く治そうとして勝手に服用量を増やす患者さんもいますが、危険な場合もありますので、処方された量を守ってください。