Q11 手術法にはどのようなものがあるの?

おもな手術法は次の通りです。


■ 四段階注射法
ジオンという注射薬を局所麻酔、または腰椎麻酔で痔核に注入する。手術時間は10~15分。入院日数は0~3日間。

■ 結紮(けっさつ)切除法
痔核につながる動脈をしばって痔核を切除する。傷は縫わずにきちんと整形すると、自然に肉が盛り上がって傷口がきれいに治る。粘膜や筋肉へのダメージが少ない。足と腰だけの無痛の腰椎(ようつい)麻酔だけでよく、手術時間は20~30分。入院日数は7~10日間。

■ 半閉鎖法
内痔核を切除して傷口を整形した後、傷口の一部を特殊な糸で縫い合わせる結紮切除法をさらに進めた手術法。痛みや炎症も結紮切除法以上に少なく、治りも早い。
その他、痔核をレーザーメスで切除する手術法や、輪ゴム結紮法(内痔核の血管を輪ゴムでしばって脱落させる方法)など、通院だけでできる治療法もあります。