Q27 便秘になったときの改善法は?

慢性の便秘に悩む女性が多いようですが十分、痔の予防・治療に便秘の解消は大きな意味を持ちます。また、腸の検査をして便秘の原因となる病気がないことを確かめるのも重要です。上手な便秘の解消法は次の通り。

■ 食物繊維をたっぷり摂る
ちょうどよい硬さ(練り歯磨き程度)の便を毎日出すためには、食物繊維たっぷりの食事(1日25グラム)を摂って大便の量を増やす。

■ ビフィズス菌を含む食品を食べる
善玉の腸内細菌の代表、ビフィズス菌は整腸作用や食べ物の消化吸収を高めるとともに、病原菌から体を防御する働きがある。ビフィズス菌を増やす乳糖やフラクトオリゴ糖を積極的に摂ること。

■ 朝食をきちんと摂る
朝食を抜くと、便意を感じる反射神経が起こらないため、規則正しい排便ができない。朝、いつもより15分早く起きて朝食を摂ることが大切。起きがけに冷たい水を1~2杯飲むことも有効。

■ 大便がスムーズに出るイメージトレーニングをする
排便のための反射神経をスムーズにし、リラックスした状態で排便ができるようイメージトレーニングを(平田式排便法を参照)。