Q15 市販薬で効き目はあるの?

一般に、市販薬は病院で医師が処方する薬より効きめがおだやかで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといったアレルギー性鼻炎の症状全般に効くよう、成分が配合してあります。
市販のアレルギー性鼻炎用の飲み薬は、抗ヒスタミン薬と血管収縮薬、抗コリン剤(鼻水の分泌を抑える薬)、抗炎症剤(鼻の粘膜の炎症を静める薬)などの成分を配合したものが一般的です。
点鼻薬としては、抗ヒスタミン薬や血管収縮薬、殺菌剤(二次感染による悪化を防ぐ薬)などの成分を配合したものがあります。