Q05 肥満が万病のもとといわれるのはなぜ?

血管や神経、ホルモンなどに障害がおこるためです。肥満、とくに内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は下のイラストの通 りです。たとえば糖尿病は、肥満によって血糖値をコントロールするインスリンの働きが悪くなるために起こります。さらには血圧を上昇させて血管や心臓に負担をかけ、動脈硬化や心臓病の原因に。ホルモンや自律神経も変調をきたすため、がんや不妊症なども引き起こします。


■肥満度が30%を超えた場合、病気になる倍率