Q02 疲労と疲労感は違うの?

実際の疲労と疲労感とは、必ずしも平行しません。たとえば、楽しいことがあって気分が高揚しているときは、いつもと同じ量 の仕事や家事をして体に負担がかかっても、まったく疲労を感じないことがあります。逆に気分が沈んでいるときや、いやいや仕事をするときは、ちょっと働いただけですぐに疲労を感じます。 疲労は、このようにメンタルな部分が深く関係しているのが特徴といえます。同じ人でも「この程度働いたら疲労を感じる」という基準が作れないのは、実際の疲労と疲労感にギャップが生じる場合が多いためといえるでしょう。