Q10 体を動かした後の疲労を予防するには?

Q4であげた疲労が起こる原因がないかを常にチェックすることで、予防することができます。

1.エネルギー源の補給:体を動かした後だけでなく、前もって食事でエネルギー源を十分に補給しておく。

2.疲労物質の排除: 「アクティブ・レスト(積極的休息=軽度の運動をして筋肉を動かすポンプ作用などによって、使った筋肉の乳酸をクリアにする)」を行うことが、乳酸を排除して疲れをとるのにもっとも効果的。

3.体の恒常性を保つ:脱水状態を防ぐため、十分に水分を補給する。1度に大量 に水分を摂らず、体を動かす前、最中、後に分け、のどが乾く前にこまめに補給する。

4.中枢性調整力を維持させる:中枢での情報伝達が悪くならないように仕事や家事、スポーツの最中にも適度な休憩を入れる。