Q08 肥満の原因は?

肥満の原因は次の通りです。



■ 摂食パターンの異常などによる過食
通常、血糖値が上がると満腹感を感じて過食を予防するが、満腹を感じる血糖値のセットポイントが通常の人より高いと、過食が起こる。
■ 朝食抜きや不規則な食生活
体がつねに危機感を持ち、食べ物が入ると必死で消化吸収し、いざという時に備えて脂肪を体内にたくさんストックする。
■ 夜、多量に食べる
夜は自律神経のうち、副交感神経が優位にたつため、消化機能が高まって朝食抜き場合と同様、消化吸収がよくなる。食べてすぐに寝ると、その栄養素が消費エネルギーとして使われず、脂肪として貯蔵される。
■ ストレスによるやけ食い
食事をとると「セロトニン」が分泌され、精神を安定させる効果がある。そのため、ストレスがたまると、不安から逃れるために空腹感がなくても気晴らしに過食に走る。
■ 運動不足
摂取した栄養素はほとんど筋肉の方へは回されず、もっぱら脂肪組織にばかり回され、脂肪が蓄積しやすい状態に。脂肪合成酵素の働きも高まるので脂肪がつくられやすくなる。