Q05 「睡眠のゴールデンタイム」の効果は?

脳細胞の休息・発育にとってとても重要な時間帯である「睡眠のゴールデンタイム」に眠ることは、忙しいときなどにも効果があります。忙しくて深夜まで仕事をしなければならいような場合、午後9時に寝て午前3時に起きて仕事をするほうが能率も上がり、昼間も意欲的に仕事をこなせます。しかし、今まで深夜に寝ていた人がいきなり午後10時に布団に入っても眠れないでしょうから、1カ月単位で10分ずつでも早く寝るよう心がけましょう。