Q14 熟睡するための寝室は?

寝室は、家の中でできるだけ外の物音が聞こえない静かな部屋を選びます。騒音や光は雨戸や厚手のカーテンでシャットアウトを。寝室に家具やカレンダーなどをごちゃごちゃと置くと、寝床に入っても昼間の出来事などを思い出して、眠れなくなることがあるので、できるだけゆったりとしたスペースにします。
寝る前の30分~1時間は快眠のための準備期間と考え、室内の明るさをダウンさせるのも効果的。好きな音楽を耳もとで静かに流したり、本を読むのもリラックスできます。「真っ暗だとかえって落ち着かない」と天井の豆電球をつける人もいますが、明かりによって睡眠は浅く、不安定になりがちです。