Q03 どんなとき、滋養強壮が必要になるの?

漢方では古くから滋養強壮は、体質の改善にも広く用いられてきました。とくに乳幼児期の虚弱体質に滋養強壮の漢方薬は有効とされています。乳幼児期に滋養強壮を施し、呼吸器系など体の弱い部分を補うことは、体質改善に大きな効果があります。
大人の厄年である女性の33歳、男性の42歳前後は、健康のいわば「中間決算期」にあたり、どんな人でも体の弱いところが出やすい時期です。自分の弱いところをよく知って、丈夫な人も日ごろの健康管理を省みて滋養強壮を施すことが大切です。