Q11 滋養強壮に効くツボは?

体を強くし、元気にするには、「肝経」という経絡(「気」「血」というエネルギーの通り道)のマッサージがとても有効です。 肝経は、足の親指の外側から始まり、ひざの内側を通り、陰部、肝臓、肋骨の下まで続き ます。その中でとくに重要なツボは「曲泉(きょくせん)」、「中都(ちゅうと)」、「蠡溝(れいこう)」です。足の親指の爪の付け根中央から蠡溝、中都を通り、曲泉まで、経絡の流れを意識しながら、なで上げるように、ゆっくり圧迫します。肝経は肝臓や泌尿器、生殖器の働きを支配していますから、女性の月経異常や排尿(はいにょう)異常、足のむくみにも効果があります。
マッサージをする際は、ローションやオイル、クリームなどを使うとよいでしょう。生薬配合のローションなどもおすすめです。

●曲泉(きょくせん)……ひざを曲げたときに内側にできる横ジワの端。
●中都(ちゅうと)……蠡溝から足の内側の骨に沿って、指2本分上。
●蠡溝(れいこう)……足の内側の骨の内側、内くるぶしから指5本分上。