Q11 不妊に悩む人へ、先生からのアドバイスは?

妊娠は年齢的な制限があり、不妊治療は長期にわたることも多いため、むやみにあせったり不安がったりする女性も少なくありません。まず、自分が受けている検査や治療がどういうものか、しっかり把握しておくことが必要です。分からないことは医師や看護婦などに積極的に質問しましょう。電話相談やインターネットでの情報交換、不妊学級などに参加することもおすすめです。その上で、自分なりに「2年はこの治療を続けよう」など、目標をきちんと持つと前向きに取り組むことができます。
残念ながら不妊治療はやれば必ず結果が出る保証はありません。子どもがいなくても夫婦2人で充実した生活を送っている人もたくさんいますから、結果が出ないことも知った上で治療に挑戦してほしいと思います。