Q01 食中毒にはどんな種類があるの?

食中毒とは、「食品を摂ることによって起こる急性胃腸炎を主とした健康障害」のこと。

その原因は
1.食品中に混入した細菌。
2.メタノールやヒ素などの化学物質による。
3.フグや毒きのこなどの自然毒。
などがあります。この中で食中毒全体の90パーセント近くを占めているのが1.の細菌性食中毒です。
細菌性食中毒は高温・多湿になる6~10月に多く発生するのが特徴で、発生のメカニズムの違いから、大きく2つに分かれます。

●感染型……食品の中で一定の数以上増えた細菌が、消化管内で定着・増殖して急性胃腸炎症状などを起こす。原因菌としてはサルモネラ菌、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、カンピロバクター菌などがある。

●毒素型……食品中の細菌が作り出す一定量以上の「毒素」によって発症する。食品内で毒素が産生される場合(食物内毒素のボツリヌス菌、ブドウ球菌)と、消化管内で毒素が産生される場合(O(オー)157などの生体内毒素)がある。