Q05 その他の食中毒の特徴は?

●ボツリヌス菌の特徴

「地上最高の毒素」といわれ、死亡率がとても高いのがボツリヌス菌による食中毒です。この細菌の大きな特徴は、酸素のないところでのみ生育すること。腹痛などの消化器症状が出ずに、神経まひ症状を起こすことです。東北地方以北で作られる「飯ずし」や「きりこみ」など魚の発酵保存食品や滅菌が不完全なビン詰め食品、真空パック入り食品などから感染します。

●ブドウ球菌の特徴

ブドウ球菌は健康な人の皮膚や腸管にも存在する細菌ですが、調理する人の手に切り傷や化膿(かのう)、あかぎれがある場合は細菌の数が多くなっているため、おもに調理人の手を介して感染します。原因食品は、作ってから時間がたったお弁当やおにぎり、サンドイッチなど。発症までの時間が1~5時間と短く、1~3日で回復します。