Q10 やけどをしたときはどうすればいいの?

やけどの応急処置はとにかく冷やすこと。やけどの炎症が皮膚の深い部分にわたったり広がるのを防ぐとともに、痛みが軽減します。流水で少なくとも20分以上、時間が長いほど効果的です。流水で冷やせない場合は水で濡らしたタオルや保冷剤などをタオルにまいて患部にあてます。
手足など衣類を着た部分にやけどをしたら、脱がさずに衣類の上から流水をどんどんかけて冷やします。
馬の油やチンク油などは症状を悪化させる危険があるので、絶対に塗らないでください。 やけどを負った翌日、水ぶくれができたときは、皮膚科で診察を受けましょう。