Q02 なで肩の人は肩がこりやすいって本当?

肩の筋肉が弱く疲れやすいことが多いようです
人が4本の足で歩いていたころは肩には負担がなかったのですが、2本足で立つようになってから重い頭と両腕を支えなければならなくなったため、肩の筋肉が疲労しやすくなってしまいました。とくに重い荷物を持って歩いたりすると、肩への負担はさらに大きくなります。肩の筋肉が強ければ腕を支える負担は小さいのですが、肩の筋肉が弱い人には大きな負担になります。よく「欧米人に肩こりがない」といわれるのは、肩にがっちり筋肉がついているためです。
なで肩の人は肩の筋肉が弱いケースが多いため、肩がこりやすいといえます。また、年をとり、首の椎間板(ついかんばん)が老化によって水分を失うと弾力性がなくなり、ちょっとしたショックで首筋や肩に痛みやしびれを感じるようになります。

<慢性の肩こりになりやすい人>
●なで肩の人
●やせている人
●首の細い人
●男性よりも女性に多い