Q08 肩こりを予防する生活法は?

正しい姿勢を意識し疲労やストレスの解消を  肩こりの多くは日常習慣が原因で起こります。次のポイントに気をつけて、肩こりの予防と軽減に努めてください。

●正しい姿勢を意識する
悪い姿勢は慢性の肩こりの大きな原因に。正しい姿勢を意識し、最初はときどき鏡をみてチェックを。

●無理なダイエットをしない
栄養バランスの偏(かたよ)ったダイエットによって筋肉を減らし、肩こりを起こす女性も多い。良質のタンパク質とビタミンを十分に摂ること。ビタミンB群、E、貧血予防のための鉄のサプリメント(栄養補助食品)の利用も効果的。

●肩を冷やさない
冬の寒さや夏の冷房は肩の筋肉を緊張させるので要注意。冬の薄着は避け、入浴などで体を温める工夫を。市販のホットパックの利用もおすすめ。

●疲労をためない
十分に睡眠をとり、疲れを翌日に持ち越さないこと。ぬるめのお湯にゆったりと入浴するのも疲労回復に効果的。座りっぱなしの仕事をしている人は適度に体を動かすよう心がける。

●ストレスをためない
精神的ストレスが肩こりの引き金になるケースも多い。自分に合った気分転換法をみつけ、心身ともにリラックスさせる。

●目の疲れに注意
目の疲れは肩や首の筋肉を緊張させる。定期的に目を閉じて休ませたり、蒸しタオルで目を温湿布するとよい。

<正しい歩き方>

背筋を伸ばして腹筋とお尻の筋肉を引き締め、6メートル前方を見ながら歩く。かかとから着地し、つま先で地面を蹴る感覚。

<正しい立ち方>

背筋を伸ばしてあごを引き、ひざを伸ばす。おなかを引っ込める。

<正しい座り方>

背筋を伸ばしてイスに深く腰かけ、腹筋とお尻の筋肉を引き締める。