Q04 風邪は万病のもとといわれていますが?

風邪からの合併症は多く、「軽いうちに安静にして治した方が安全だ」という警告から「風邪は万病のもと」といわれています。
風邪の合併症としては肺炎、髄膜(ずいまく)炎、腎盂(じんう)腎炎、副鼻腔(ふくびくう)炎(蓄膿(ちくのう)症)、中耳(ちゅうじ)炎、扁桃(へんとう)炎、膀胱(ぼうこう)炎などがあげられます。
慢性気管支炎や肺気腫(はいきしゅ)など呼吸器疾患(しっかん)の持病を持っている人が風邪にかかると悪化して「風邪が抜けない」状態に。また、糖尿病や心臓病が悪化するケースもあります。とくに抵抗力の弱いお年寄りや子どもは注意が必要です。