Q03 何月ごろから気をつけたらいいの?

インフルエンザウイルスは低温(気温15~18度以下)・乾燥(湿度40パーセント以下)の環境を好みます。そのため日本では11月から3月にかけて、インフルエンザウイルスが空気中で飛散する量が増加します。毎年、このシーズンにはインフルエンザの患者数が急増します。ですから、シーズン前から予防を心がけることが大切です。