Q08 熱を下げる方法ってあるの?

発熱はウイルスを殺そうと免疫機構が闘っているために起こる体の自然な反応です。ですから、無理に熱を下げるとウイルスが排除されず、回復が遅れることがありますから注意が必要です。
ただし、これはインフルエンザの初期の段階のことで、発熱が長引くときは解熱鎮痛効果の高い風邪薬で熱を下げてください。また、39度を超える高熱が出ると体力が消耗され、免疫機構の働きも低下しますから、水分を十分に補給し、同様に熱を下げる治療を行います。症状が長引くようであれば、他の感染症にもかかっていることが心配されますので、医師の診察を受けてください。
薬以外には、おでこやわきの下、足の付け根などを水か濡れタオルで冷やすと、効果的に熱を下げることができます。