Q11 インフルエンザを予防するには?

インフルエンザが猛威をふるうシーズンには、インフルエンザウイルスが空気中にたくさん浮遊しているため、直接的な予防法としては人がたくさん集まる場所を避けることが有効です。
吸い込んだインフルエンザウイルスをすぐに洗い流せば、感染のリスクをある程度低くできますから、外出先から帰ったらすぐにうがいをする習慣を。また、ウイルスが付いた手から口を通って感染するケースも多いので、手洗いをこまめに。インフルエンザを予防するには、ワクチンの接種とともに普段から抵抗力を高めておくことが大切。次のことを心がけてください。

● 夜ふかしや過労を避け、規則正しい生活を。体調が悪いときは無理をせず、十分に休養する。
● 趣味やスポーツなど自分に合ったストレス解消法を見つける。
● 偏食や極端なダイエットは避け、栄養の偏りのない食事を3食、規則正しく摂る。
● 軽いジョギングやウォーキング、乾布摩擦などを行い、ウイルスに対抗できるよう体力をつけ、気道や皮膚を鍛えておく。
● 目標を持つなど、前向きに楽しく毎日を送る。

通常、インフルエンザのかかり始めには、のどや鼻の違和感などを覚えます。インフルエンザは症状が進行するほど治りにくくなり、重症化する危険が高まりますから、この初期の症状を見逃さないことも重要です。
初期症状がみられたら、頻繁にうがいをし、栄養バランスのとれた食事を摂って、早めに睡眠をとるようにしましょう。特別なケア法ではありませんが、ウイルスに対抗する体力をつけることが何より大切なのです。