Q04 薬の上手な使い方は?

症状が強いときは内服薬と点鼻薬をいっしょに使用

とくに花粉量の多い年は、症状が出始めたらすぐに薬を使用し、花粉シーズンが終わるまで続けることが悪化させないコツです。症状の軽いときは点鼻薬だけの使用でもいいのですが、症状が強く出るときは、内服薬と点鼻薬の併用をおすすめします。
花粉量の多い年は、まず薬局・薬店で市販薬を購入し、使っても症状が改善されないときには耳鼻咽喉科で診察を受けてください。

抗アレルギー薬

塩基性
(抗ヒスタミン作用がある) 
●眠気が起こりやすい 
●効果が早く出る
酸性
(抗ヒスタミン作用がない)
●眠気が起こりにくい  
●効果が出るまで2週間かかる