Q02 血液がドロドロってどういうこと?

血液中にコレステロールや中性脂肪が多くなる状態

血液がドロドロ」とは血液中に含まれる脂質が通常より異常に多い状態(脂質異常症(高脂血症))のたとえで、動脈硬化の原因となります。
血液中の脂質の中で問題となるのは、コレステロールと中性脂肪で、コレステロールは次の2種類があります。


●HDL(善玉)コレステロール……体のすみずみにある余分なコレステロールを肝臓に戻す。

●LDL(悪玉)コレステロール……体のすみずみにコレステロールを運ぶ。これが多過ぎるとコレステロールが血管の内側に積もり、動脈硬化の原因となる。
血液検査によって次の数値が出ると脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

●HDLコレステロール……血清1デシリットル中40ミリグラム未満。

●LDLコレステロール……点血清1デシリットル中140ミリグラム以上。

●中性脂肪……血清1デシリットル中150ミリグラム以上。