Q08 まずどのような検査をするの?

病院では動脈硬化の診断のために次のような検査を行います。


●触診……手首の動脈や腹部大動脈の位置を外から触ると、動脈硬化を起こしている動脈は針金のように硬くなっているのが分かる。

●X線検査……大動脈が硬化によって蛇行していることが分かる。

●超音波検査……大動脈が硬化によって肥厚、蛇行していることが分かる。

●MRI検査(磁気共鳴画像診断装置)……血管に付着する脂肪の程度を画像で見ることができる。

●眼底検査……眼底の動脈を見ることで脳の動脈硬化の程度を診断できる。

●血管内視鏡…血管を内側からのぞき、状態を確認する。