Q06 妊娠や出産がおしりによくないと聞きますが?

妊娠や出産によっておしりにトラブルを起こす女性は少なくありません。妊娠中のトラブルのおもな原因は次の通りです。
● 妊娠するとホルモンバランスの変化や運動不足によって、便秘になりやすくなる。便秘の硬い便がトラブルの原因に。
● 大きく重くなった子宮で直腸や肛門が圧迫される。
● 子宮が静脈を圧迫するため、血液循環が悪くなり、うっ血を起こす。

出産後におしりのトラブルが起こる原因は次の通りです。

● 分娩によって会陰(小陰唇の下端と肛門の間)が裂けることがあるが、このときの縫合が悪いと、肛門のしまりが悪くなる。
● 育児の疲れやストレス、授乳による水分不足などによって便秘になりやすくなる。

出産直後、おしりが急性の炎症を起こしてむくみやうっ血を起こすこともありますが、一時的なもので約1カ月で自然に治るケースも少なくありません。