Q02 コレステロールには悪玉と善玉があると聞きました。

LDL(低比重リポ蛋白=肝臓で作られ、動脈壁など必要な臓器へ運んでいく)が血液中に増えると、
動脈硬化が進むため、悪玉コレステロールと言われています。
HDL(高比重リポ蛋白=動脈にたまった余分なコレステロールを拾い、肝臓へ戻す)が低下している場合、動脈硬化が起こりやすいため、動脈硬化の進行を阻止するという点から「善玉コレステロール」と言われています。