Q06 かぜは食べ物で予防できるの?

ウイルスに対抗する体力づくりを食事で

「かぜにはビタミンCがいい」などと言われますが、医学的にはビタミンCをはじめ、特定の栄養素がかぜの予防に効果があることは、現在のところ実証されていません。
ただし、普段からビタミンを積極的に摂って、栄養バランスのとれた食事を心がけることは、体調を整え、免疫力の低下を予防する効果があります。ビタミン類は体の代謝を円滑にする効果があります。インスタント食品や加工食品に偏った食事は避けてください。
とくに暑さによって食欲がなくなり、発汗によって体力を消耗しがちな夏は、高カロリー、高タンパク、低脂肪の食事を摂るようにしましょう。 1日3食、規則正しく食事を摂ることも大切です。