Q02 更年期はいつごろから始まるの?

40代半ば、月経異常が続いて気づく人がほとんど

更年期が始まる年齢には個人差がありますが、最も多い閉経年齢が50歳ですから、45歳前後がひとつの目安となります。閉経年齢が早いか遅いかは、遺伝的要因や初経が早かったから閉経も早いなどということとまったく関係ありません。ただ、患者さんを診ていますと、離婚や仕事のストレスなど、環境因子によって40歳より前に閉経を迎えるケースもあります。
40代前半の女性は自分がいつごろ閉経を迎えるのか、不安かもしれませんね。閉経の徴候として最も多いのが月経異常です。月経周期が早まったり、遅れがちになったり、間隔がばらばらになったり、月経の持続日数も2~3日のときもあれば、2週間も続くケースもあります。月経量は減る人もいれば、増える人もいます。
40代半ばになって、月経異常が続いたら「そろそろ更年期に入ったかな」と考えてよいでしょう。ただし、子宮がんによる不正出血なのか、子宮筋腫、甲状腺や下垂体の病気による月経異常なのか区別がつきませんから注意が必要です。
月経異常と前後して、突然に顔がカーッと熱くなったり、手足の冷え、発汗、動悸、不眠、イライラなどの症状に悩まされる人も多くなります。