Q08 捻挫をしたときの治療法は?

まずはRICE療法を行い、回復を早めます

RICE療法

応急処置としてはすぐに「RICE療法」を行います。この療法は痛みをやわらげ腫れを最小限に抑え、損傷が周囲に及ぶのを防ぎます。
●R(REST=安静にする)……患部を動かさないよう、副え木などで固定する。

●I(ICING=冷やす)……患部を冷やす

●C(COMPRESSION=圧迫する)……腫れや内出血を防いだり少なくするため、包帯などで患部を軽く圧迫する。

●E(ELEVATION=高く上げる)……腫れや内出血を防いだり少なくするため、患部を心臓より高い位置に保つ。
症状が重い場合(靭帯完全断裂など)、次の2つの治療のどちらかを行います。

●装具療法……ギブスで固定して靭帯が元の状態に戻るのを待つ。通院による治療となるが、完治まで3~6カ月かかる。

●手術療法……断裂した靭帯を手術でつなぐ。約2週間の入院が必要で患部に手術の傷が残る。

いずれも治療後、関節の動きや筋力を回復させるリハビリテーションが必要となります。