胃が荒れていると感じたら

ストレスを避け、規則正しい食事と十分な睡眠が大切です

胃の疲れによって起こる症状は、胃痛、胸やけ、吐き気、ゲップなどさまざま。これらの症状が出たら胃のSOS信号ととらえ、胃にやさしい食事を心がけ、ストレスをためず、十分に睡眠をとりましょう。
また、胃酸を抑え、胃の粘膜を保護する働きのある胃薬を使うことも有効です。
※この記事は2002年11月のものです。

胃のはたらきを再認識し、胃を守るための生活を心がけましょう

忘年会や新年会など、年末年始はつい暴飲暴食してしまい胃の疲れを感じる方が増えるのではないでしょうか。
胃は食べ物の貯蔵、消化、吸収など、さまざまな働きをする大切な器官です。日ごろから胃をいたわる生活を心がけ、胃の荒れを感じたら早めに対処しましょう。
※この記事は2002年12月のものです。