Q05 年齢によって起こりやすいアレルギーってあるの?

食物アレルギーは乳児期、花粉症は20~30歳代に

アレルギー性疾患にはそれぞれ発症しやすい年齢があります。
まず乳児期には食物が抗原となる消化器アレルギーやアトピー性皮膚炎が多く発症します。1~3歳では上気道炎(中耳炎、副鼻腔炎)を引き起こし、アレルギー性鼻炎に移行するケースもあります。
ダニやハウスダストによるアレルギー性鼻炎は3~4歳で発症し、5~10歳に発症のピークを迎えます。花粉症の場合は20~30歳代が発症のピークとなります。
何歳で発症するかは、それぞれの抗体が体内でつくられるのに必要な期間の違いによるものと考えられます。たとえば、食物によるアレルギーは乳児期に食べ物から抗原が大量に取り入れられるために早く発症し、1年のうち一定期間だけ抗原にさらされる花粉症は成人になって発症するというわけです。