Q04 水虫の薬の上手な塗り方は?

症状が改善しても毎日根気よく塗ることが大切です

「水虫は治りにくい」と悩む患者さんのほとんどが、症状が消えると薬を塗るのをやめてしまうケースです。水虫を完治させるために、

●毎日、必ず薬を塗る・・・「1日くらい塗らなくても」という気持ちは禁物。入浴後など足を洗った後に塗る習慣をつけるのもよいが、「とにかく思い出したときに塗る」のが、毎日忘れずに塗るコツ。

●広めに薬を塗る・・・症状が出ている部分よりも実際には広い範囲に菌は分布しているので、十分な広さに塗る。水虫になって3年以上たつ人は足の裏全体に塗ること。

●菌が死滅するまでやめない・・・症状が消えてもすぐに薬をやめないこと。完治までの期間は個人差があるが、長期化した水虫の場合、症状が消えても半年以上は根気よく治療を続けることが大切。

●早期治療が肝心・・・なりたての水虫なら、薬を1カ月塗れば完治する場合もあります。長く放置するほど菌が散らばって治りにくくなるので要注意。