Q05 水虫に効く薬は?

もっとも広く使われているのは抗真菌剤の外用剤です

水虫を治療する薬を「抗真菌剤」といい、外用剤(塗り薬)と内服剤の2種類があります。このなかで、もっとも広く使われているのは外用剤です。
抗真菌剤は大きく次の2つに分けられます。

●アゾール系・・・70年代半ばに登場した「イミダゾール系」は、水虫の菌とカンジダ(カビの一種)に効果があり、副作用が少ないのが特徴。イミダゾール系には、硝酸ミコナゾールなどの薬剤が含まれる。最近では殺菌力が強く、皮膚にしみ込んで長時間効力を保つ薬剤が開発されたため、1日1回の使用で十分な効果を発揮する水虫薬も登場している。

●非アゾール系・・・水虫の菌に高い効果を発揮するが、カンジダには効きがよくない。