Q06 日焼けでできたシミは一生治らない?

メラニン色素は本来、皮膚の新陳代謝が盛んで健康な肌なら、長期間、皮膚に中にとどまらず、アカとなって体外へ排出されるか、途中で分解され、毛細血管を通って排出されます。
メラニン色素がうまく排出されずに、ずっと皮膚の中にとどまってしまって色素沈着を起こしたものがシミなのです。肌の老化が始まり、新陳代謝の周期が長くなると、日焼けによってできたメラニン色素が表皮に残されたまま固定する確率が高くなってきます。
また、できてしまったシミも紫外線に当たるとさらに濃くなったり、濃くなってしまったシミほど治りにくくなります。