Q10 日焼け止めクリームはどのくらい効果があるの?

日焼け止めの化粧品などには「SPF(サン・プロテクション・ファクター)」によって、紫外線防止剤の効果が数値で表示されています。ただし、SPFは紫外線のなかでも、肌を赤くするUVBの防止効果だけの表示です。
日焼け止めを塗って紫外線に当たったとき、15分間、肌が赤くならない紫外線防止効果を「1」として、「2」なら30分効果が維持するといったふうに、数値が大きくなるほど効果も大きくなります。
SPFの数値が高いから長時間もつと油断しがちですが、時間の経過とともに汗や皮脂で流れたり、顔をこすって落ちたりしますから、2時間を限度にこまめにつけ替えるようにしてください。
「サンタン(日焼け)化粧品」にも、紫外線をソフトに抑える効果がありますので、肌を美しく、少ないダメージで焼きたい人は使用するとよいでしょう。