Q06 正しいブラッシング法を教えてください!

まずは自己流で、磨き残しの部分はあとで補います

虫歯や歯周病を予防するのに有効なブラッシング法が「スクラビング法」と「バス法」です。スクラビング法は歯ブラシを小刻みに往復運動させる磨き方で、歯ぐきに炎症のない人におすすめ。歯ぐきに炎症がある人に有効なのがバス法で、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを45度の角度にあて、溝にたまったプラークをはじき出します。
ただ、1週間もたつと「面倒くさい!」と元のブラッシング法に戻ってしまう人も多いようです。そんな人には従来の方法でどこに磨き残しがあるかを歯垢染色液で見つけ、自己流ブラッシングはそのまま続け、磨き残しのある部分を後で補うよう指導しています。