Q05 年をとるとピントが合わなくなるのは仕方ないの?

加齢現象であるため、だれでもピントが合いにくくなります

加齢によって毛様体の筋力が衰え、水晶体の弾力がなくなるためにピントが合わせづらくなります。
実はピントを合わせることのできる一番近い距離(近点距離)は、10代では数センチ、20代では10センチ前後と少しずつ確実に長くなっているのです。
ただ、新聞などを読むとき、ほとんどの人が30~40センチ離すため、そこまで近点距離が遠ざかって初めて目が衰えたと感じるわけです。個人差はありますが、通常、50歳くらいで機能低下が止まり、それ以降はあまり進みません。