Q02 普通の肩こりとどう違うの?

筋肉疲労と関節の炎症との違いです

肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。一方、四十肩・五十肩は、おもに次の3つのケースで発症します。

●腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)。

●上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷、または断裂を起こした場合。

●骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包炎)、石灰がたまった(石灰沈着)場合。