Q11 生活上、気をつけることは?

適度な運動を習慣にし、ストレスをためないこと

肝臓の健康を保つためには次のことを心がけてください。

●適度な運動を習慣にする。ただし、急性肝炎のときなどは安静を保ち、運動は避ける。
●入浴はぬるめのお湯に10~20分つかる程度にする。
●十分に睡眠時間をとり、疲れを翌日に持ち越さない。
●ストレスは肝臓に負担をかけるので、ストレス解消を。
●便秘をすると腸内に有害物質が発生し、これらを解毒するために肝臓に余分な負担がかかるので、便秘を予防・改善する。
●たばこに含まれるニコチンを解毒するために肝臓に負担がかかるので、禁煙をする。
●食後は血液が肝臓に集中するように、横になるとよい。
●肥満の人は標準体重を目安に減量をする。
●肝臓のSOSサインが出たときは早めに内科を受診する。