Q02 どうして発作が起こるの?

炎症により気道粘膜が過敏になって発症

気道にアレルギーの原因となるアレルゲン(ダニの死骸など)が入ると、アレルゲンに強く反応する抗体がつくられます。抗体は肥満細胞や好塩基球(白血球の一種)の表面でじっと待機します。
そこに再び同じアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、気道平滑筋の収縮や粘膜の収縮・腫れが起こるとともに、粘液の分泌が盛んになって気道が狭くなって発作が出ます。
また、寄生虫を溶かすほど強いタンパクを持った好酸球(白血球)が気道に集まり、粘膜が荒れて喘息の症状発作が出ます。