Q05 最近、大人のぜんそくが増えていると聞きますが?

アレルギーが関与しない成人型ぜんそくも増加中

30歳、40歳を過ぎて突然、気管支ぜんそくになるケースが増えています。成人型ぜんそくははっきりしたアレルゲンが見つからないケースが多く、重症化しやすく、小児に比べて治りにくいのが特徴です。
この場合、排気ガスによる粉じんやたばこの煙、気温や湿度の急激な変化、過度のストレス、かぜなどが喘息症状の誘因となっていると考えられています。